菌活・腸活レビュー

ヒューロムのスロージューサーで自宅で手軽にコールドプレスジュース菌活

更新日:

コールドプレスジュースを作るならこれ、と言われる有名なジューサーがあります。

ヒューロム(HUROM)社のスロージューサーです。

長年買えない憧れのキッチングッズですが、新製品(H-AA/エイチエーエー)が出たとのことで説明会に行ってきました。



コールドプレスジュース、すごく流行っていますよね。

アメリカではスーパーなどでも定番となっているそうで、ジュースの飲み方の一形態として、今後、スムージー以上のスピードで日本でも広がっていくのではないでしょうか。

コールドプレスジュースとは?

コールドプレスジュースとは低速回転式のジューサー(スロージューサー)で絞って食物繊維を取り除いたジュースのことです。

回転速度が低いので刃が熱を持つことがなく、その結果、食物に含まれる酵素が壊されずにたっぷり入っているのです。

コールドプレスジュース

「菌活・腸活的には食物繊維!」ってふだんは思ってしまうのですが、実は、食物繊維を消化分解する際には結構なエネルギーが必要なのです。

コールドプレスジュースだと、消化のために使っていたエネルギーを使わなくて済むので、消化器官の負担を減らし、酵素をたっぷりとることができるのです。

具体的には

  • 栄養の吸収率は普通のジュースを飲んだ時の4倍
  • 消化時間は生野菜を食べた時の20分の1

になるそうです。

そして、消化に負担がかからないので、普段消化につかっていたエネルギーを

  • 老廃物や有害物質のデトックス
  • 肌や内臓のダメージ回復
  • 代謝アップ

に使うことができる。

その結果、内側から効果的に綺麗になれると人気なのだそうです。

スロージューサーを買うときにチェックしたいポイント

スロージューサーはいろんなところから発売されていて、お値段は1万〜20万くらいまでかなり幅がありますが、買う時にチェックしないといけないポイントがあります。それは

  1. 回転数
  2. 搾汁量
  3. 静かさ
  4. レシピ数

の4点。

ヒューロム社のスロージューサーH-AAについて

ヒューロム社はスロージューサーの世界シェアNo.1。

2016年現在のデータによれば、世界で670万台 85カ国以上の国で使われています。

今回の新製品もスロージューサーの条件である4点に関しては、文句なしの性能です。



1. 回転数

酵素は熱を加えると壊れてしまうので、なるべく低速回転、遅いほうがいいのです。

低速ジューサーのスクリュー部分

この石臼のようなスクリューの回転数は43〜48回転/分。

普通のミキサーで混ぜすぎた時のように熱を発することはありません。

前の機種もこの速度は同じですでに業界一の低速でしたが、H-AAではさらに低速回転を実現することに成功しているのです。

その秘密は、ドラムについている特別なギアにあります。

H-22に新しくついたギア。これでさらに低速に。

写真の上にあるお星さまのような形の部品。

このギアが付いたことにより、スクリューよりさらに外についている回転ブラシ(下の写真)の速度である17回転/分まで回転数を落とすことができるのだそうです。

回転ブラシ

2. 搾汁量

同じ量の食材でどれだけのジュースが絞れるかは、食材のコストに直結します。

ヒューロムのスロージューサーH-AAは搾汁量もトップクラス。

前の機種(H2H)との搾汁量の比較動画をご覧いただいても、やはりH-AAのほうが若干多いですね。

3. 静かさ

各機種でバラバラですが、中には結構な音が出る製品もあります。

赤ちゃんがいる方や、マンション住まいの方などは特に注意したほうがいい点です。

H-AAはものすごく静かです。動画でご確認ください。

4. レシピ数

ジューサーだけでなく、グリーンスムージーやフローズンデザートも作れると家族で楽しめますよね。

以前の機種からですが、スムージーストレーナーが付いています。

スムージーストレーナー

通常のストレーナーよりやや目が粗いので、パイナップルなどをこれで絞ると、ネクターのようなとろみのあるジュースになるそうです。

もちろんグリーンスムージーも。

「ブレンダーとジューサーとどっちを買おうかな?」とか「グリーンスムージーとコールドプレスジュース、どっちを家で飲もうかな?」と迷っていた人も、悩まなくて済みますね!

また、新製品のH-AAでは付属品にフローズンストレーナーがつきました。これはシリーズ初とのこと。

フローズンストレーナー

冷凍マンゴーなどを使ってフローズンドリンクを作ったり、かき氷も作ることができますので、お子様にも喜んでいただけそうです。

かき氷

フローズン用と普通用の2種類のレシピ本も付いているのでいろいろアレンジできると思います。

レシピ本

シリーズ最軽量

重さが今までの最軽量で4.8kg(今までの機種は6-7kg)ですし、見た目も3割ほどスリムになったので、キッチンにおいても邪魔になりません。

また、女性でも本体を手で持ちやすいデザインになっています。

IMG_3564

スロージューサー H-AA で作ったジュースを飲んでみた

デモンストレーションで人参ジュースを作ってもらいました。

絞ったジュースを本体ドラムに貯めておくことができるので、いろんな種類の食材を絞って中でブレンドすることができるんですね(1種類の食材なら出しながら絞ってもオッケー)。

人参ジュースがでたところ

いただいた人参ジュース、とっても美味しかったです。

 掃除がしやすい

使い終わった本体に一度水を入れて運転することで、洗うのが楽になる簡単洗浄機能がついています。

野菜の種類を変えて別のジュースを作りたいときなどは、簡単洗浄でさっと洗うだけで違う味のジュースを作ることができます。

 

こんな人にオススメ

このヒューロムのスロージューサーをオススメしたい人は、

  • 自宅で手軽に自分好みの材料でジュースクレンズしたい人
  • 健康のために栄養のあるコールドプレスジュースを飲みたい人
  • グリーンスムージーは苦手だけど栄養のあるジュースを飲みたい人
  • たくさんの野菜を取るのは辛いけれどジュースなら飲めそうな人

です。

ジュースクレンズとかコールドプレスジュースに興味がある人たちはもちろんですが、高齢者やご病気回復中の方などにもおすすめしたいなと思いました。

いっぱいの食べるのは辛いけど栄養を取る必要がある人や、手術後などで、食物繊維の摂取自体を控える必要がある方といった方にも向いてると思います。

コップ一杯に驚くほどの野菜の栄養がぎゅっと詰まっていて、滋養たっぷりのジュースを飲んで、元気になっていただるといいなと思います。

ヒューロム スロージューサーのコスパについて

H-AAの価格は39,800円(税抜) です。

税込だと4万超えますので、安くはないですよね。

でも、コールドプレスジュース専門店の価格(相場)を考えると、ジュース1杯1000円前後するお店がかなり多いのです。

酵素たっぷりのコールドプレスジュースを自宅で毎日心置きなく飲める日が半年も続けば、「元は取れた」と思える価格かとも思いました。

販売会社と販売サイトについての詳細

ピカイチ野菜くん(一粒万倍)とは?

ヒューロムを取り扱いしているサイト「ピカイチ野菜くん」を運営している一粒万倍さんは、もともとは八百屋さんだったそうです。

13年前ネット販売開始した無農薬人参がブレイク。

会社の人も「なぜだろう」と思って色々調べると、癌にいいという「ゲルソン療法」という健康法では人参ジュースをたくさん飲むのですが、そのための安全な無農薬人参が欲しい人がたくさんいらっしゃったのだそうです。

やがてお客さんからの要望でスロージューサーを販売スタートし、日本初の業務用スロージューサー事業を始めるようにまでなったそうです。

H-AAについては、業務用のアルファードラムを採用していて、耐久性があがっているとのことですが、それでも家電で心配なのはメンテナンス体制です。

一粒万倍さんでは、ヒューロム社認定のスロージューサー専用のメンテナンスセンターも持っていて、製品も5年保証付きというのも心強いです。

くわしくはこちら↓

スロージューサーなら【ピカイチ野菜くん】



スッキリ乳酸菌サプリ

フジッコの乳酸菌

善玉菌のチカラの口コミ

世界が認めた酵素サプリ

OM-X

大平博士の酵素

敏感な方に!

OM-X

日清食品の植物性乳酸菌

菌活アイテムランキング

スッキリ乳酸菌サプリ

フジッコの乳酸菌

善玉菌のチカラの口コミ

世界が認めた酵素サプリ

OM-X

大平博士の酵素

敏感な方に!

OM-X

日清食品の植物性乳酸菌

  • この記事を書いた人

watako

菌活・腸活に興味がある発酵女子わた子です。 お米のコスメに特化したサイトも最近作りました。

-菌活・腸活レビュー

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2019 All Rights Reserved.