乳酸菌サプリ

インフルエンザ予防や体調管理が気になる季節。私が飲みたい乳酸菌7選【2018秋冬】

更新日:

こんにちは、わた子です。

そろそろインフルエンザや風邪の季節が到来しますね。

風邪・インフル予防のイメージ画像

菌活に励んで以来、寝込んだことがないので、「やっぱり菌活って体調管理に聞いてるのかも!」という思いが強くなってきました。

発酵食品などをまめに取るだけでももちろん菌活ですが、なかなか普段から食事で補えないので、秋冬は乳酸菌サプリもまめに取っていこうと思っています。

そこで、自分が飲むことを前提に、今年飲みたい乳酸菌をピックアップしてみました。

よければ、みなさんの菌活の参考になさってくださいね。

当記事での乳酸菌選定の基準

研究結果などで「インフルエンザ予防に効果あり(※)」とか、類似する検証結果が出ているものにしぼります。

注意ポイント

※あくまでも菌を研究した効果や検証結果です。菌を使った製品の効果効能を保証するものではありません。

近所のスーパーで購入できるものやアマゾンや楽天の通販で簡単に購入できるものを中心にご紹介しています。

定期縛り等のあるサプリメントなどは今回は外しています。

字ばかりだと読みづらいので、商品画像なども掲載しています。しかし、特定の商品の効果効能を保証したり、誘導する意図はありません。ご了承ください。

2018年秋冬におすすめの菌活商品

明治 R-1乳酸菌 (OLL1073R-1株)シリーズ

王道過ぎますが明治のRー1乳酸菌はやっぱりはずせません。

テレビで放映されてあっというまに品切れになったのも記憶に新しい乳酸菌ですよね。

この菌のニュースが色々出てから菌活が流行りだした、ある意味きっかけと言える商品かもしれません。

すでに発売されて数年たちますが、あいかわらず冬場はR-1 をヨーグルトの棚から大人買いする人も見かけます。。

R-1乳酸菌の学会研究結果は明治のサイトのこちらにあります。>>

R-1は、サプリの形では売られていないので、ヨーグルトや乳酸菌飲料として購入する必要があります。

そこがちょっと面倒ですが、でもスーパーで見かけたら手にとっていくようにしようと思います。

フジッコ クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトで有名なクレモリス菌FC株。

スーパーなどで簡単に手にはいります。

フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン 6個

フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン 6個

2,448円(11/11 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、ヨーグルトのタネ菌もスーパーに売っていますので好きな牛乳で作ることができますよね。

クレモリス菌FC株でできたヨーグルトは独特の粘り気があり、好みが別れるかもしれません。

苦手な方はクレモリス菌のサプリメントもあります。私も以前飲んだことがある「善玉菌のチカラ」といいます。

カスピ海ヨーグルトとインフルエンザについての研究について知りたい方は有識者によるサイトがありますのでそちらをチェックしてみてください。

カスピ海ヨーグルト研究会>>

実は私はカスピ海ヨーグルトはそのまま食べるのは若干苦手なのです。

でも、オリーブオイルやレモン汁、塩胡椒を加えてヨーグルトドレッシングにすると気にならなくなるので、お料理として取ろうと思っています。

ヤクルト 乳酸菌シロタ株

乳酸菌といえばヤクルト。

インフルエンザ関連の研究についても世界中ですすめられていますが・・ヤクルト中央研究所のサイトがシンプルでわかりやすいです。

ヤクルトはシロタ株に関してはサプリはありません。

昔ながらの乳酸菌飲料で取るしかないようです。

ヤクルトはスーパーで購入できます。

ただ、密かにオススメなのが、ヤクルトレディによるお届けサービス

宅配のヤクルト400は乳酸菌シロタ株が400億個。

スーパーに売っている通常のヤクルトの倍の乳酸菌が入っている人気のトクホ商品。

お値段はちょっと高めになり、7本で605円ですが、乳酸菌シロタ株でしっかり菌活したい方は宅配でもいいかもしれません。

一度ヤクルトレディさんに宅配してもらいたいなーと思っているので、そのうち宅配デビューしてみようと思います。

キリン・小岩井乳業・協和発酵 プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌は、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っている乳酸菌です。

小腸で吸収され、免疫全体を活性化する働きを持った乳酸菌として注目を浴びています。

飲料に関してはキリンの「まもるチカラのサプリ」という乳酸菌飲料シリーズ。

ヨーグルトに関しては小岩井の「iMUSE」。

協和発酵からはサプリで「iMUSE」シリーズが販売されています。

協和発酵バイオ イミューズ iMUSE 60粒

協和発酵バイオ イミューズ iMUSE 60粒

2,341円(11/11 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

共同研究だからでしょうか。商品が各社にばらけいるのが面白いですね。。

自販機やコンビニで手軽に手に入るペットボトル飲料で、時々飲んでみたいと思っています。

森永 シールド乳酸菌 M-1

「食べるマスク」というインパクトのある名前で一躍有名になったシールド乳酸菌ですが、いつの間にか「たべる乳酸菌タブレット」という名前(みたまんま!)に変更されていますね。

マウスを使ったインフルエンザの研究なども行われています。詳しくは森永のサイトに載っています>>

シールド乳酸菌は様々な食品に配合されています。

森永商品でシールド乳酸菌配合のものはこちら>>

青汁やお蕎麦、チョコ、インスタントのお味噌汁など、森永商品だけでなく企業を超えてシールド乳酸菌入りの商品が増えています。

永谷園 シールド乳酸菌M-1みそ汁 3食入×10個

永谷園 シールド乳酸菌M-1みそ汁 3食入×10個

1,404円(11/12 19:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

食品に乳酸菌が配合されること自体が「売り」になったのは、このシールド乳酸菌の販売拡大の影響が大きいかもしれません。

とにかく、いろんな製品に入っているので取り入れやすい乳酸菌です。

いろんなコラボ製品を試してみようと思っています。

見かけたらまた紹介しますね!

ハウスの乳酸菌 L-137

今年に入ってCMなどでも露出が増えているのがハウスの乳酸菌L-137です。

東南アジアのなれずし由来というぱっと聞いた感じマニアックな乳酸菌ですが、インフルエンザ関連の研究についてもすすめられています>>

「まもり高める乳酸菌」という名前でゼリーや乳酸菌飲料、顆粒タイプが発売されています。

また、あのバーモントカレーにも配合されています。

私がこの夏から飲み始めたのがL-137の顆粒タイプ。

ホットのドリンクにも入れられるのでこれからのシーズンも飲みやすいかなと思い、続けています。

カルピス L-92 乳酸菌

乳酸菌といえば忘れてはいけないのがカルピス。

カルピス由来の乳酸菌L-92もまた免疫力を高める乳酸菌として様々な研究が勧められています。

カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 100ml×30本

カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 100ml×30本

3,190円(11/11 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

インフルエンザに関する研究などももちろんあります>>詳細はカルピスのL-92乳酸菌ラボ

L-92乳酸菌が使われている商品はまもる働く乳酸菌、サプリとしてはアレルケアもあります。

冬〜春先の季節にむけてなるべく続けていこうと思っています。

どれがおすすめ?

個人差があるので、乳酸菌って勧めづらいのです。

わた子
スペックをいくら見比べても結局のところ個人の腸内フローラとの相性などがあるので、試してみるしかないです。

まずは、自分が一番食べやすい形状のものにしぼり、負担にならない価格帯のなかから選ぶのがいいと思います。

そして、実際に食べてみて「これくらいなら続けられそうだな」と思たら、2〜3か月続けてみるのもいいでしょう。

また、お気に入りの乳酸菌飲料を2〜3種類買っておいてちょこちょこ飲んだり、新たに発売されたアイテムを次々試してみる・・といった形でもいいと思います。

わた子
私自身は、いろんな種類の乳酸菌を、いろんな形で摂る・・という方法で菌活しています。

なぜそうしているのか、私自身の菌活の心得をご紹介したいと思います。

菌活の心得

私自身の菌活に対する心構えです。

乳酸菌サプリやヨーグルトはあくまでも食べ物!

盲目的に信じて「これさえ食べれば絶対大丈夫」とは思わないようにしています。

わた子
生真面目な方ほど、テレビやウェブサイトをみて、「これだ!」と決めたら1商品にフォーカスしがち・・。

でも・・健康的な生活の基本は、食事のバランスはもちろん、歩くとか早めに寝るとか生活習慣だって関係してきます。

なにごともほどほどに、執着しすぎないのが大切だと思っています。

菌活は気長に

ヨーグルトや乳酸菌の研究って、様々な実験の内容をみていても数週間レベルで続けてようやく「有意差がみられました・・」と報告されているような場合が多いのです。

ある程度の期間続けることを想定して気長に飲むこと。

そのためにも、続けやすいもの(形や価格など)を選ぶのが大切です。

腸内フローラとの相性問題

腸内フローラと乳酸菌との相性があるのです。

誰かにとって「よかった」乳酸菌でも自分には全然実感が湧かなかったということもありえます。

私は、1ヶ月〜最長3ケ月試してみてもピンと来ない場合は、別の乳酸菌に切り替えます。

時々シャッフルしたり臨機応変に菌活するのが吉

実は、たとえどんなに自分にぴったりだった乳酸菌でも、長い間続けていると「慣れ」てしまって実感が薄れることもあるのだそうです。

だからこそ実は、「私に一番合うのはどれかしら?」と運命の乳酸菌探しをする必要はありません。

お薬ではないので、自由に組み合わせたり、適当に変えていくのがおすすめです。

わた子

気軽に菌活・腸活を楽しんでいく感覚で続けてみましょう。

最後までよんでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

watako

菌活・腸活に興味がある発酵女子わた子です。 お米のコスメに特化したサイトも最近作りました。

-乳酸菌サプリ

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2018 All Rights Reserved.