甘酒

古町糀製造所の甘酒がサイズリニューアル。甘酒苦手な人にこそ飲んで欲しい糀ドリンク。

更新日:

甘酒ブーム・菌活ブームですが、体にいいけど苦手・・という人意外と多いんですよね。

聞けば「美味しくない」とか「カビ臭い」という意見もちらほら。

わた子
慣れればそんなことないんだけどなーと、甘酒好きからすれば思うのですが・・

私は、「菌活ブームでちょっと興味はあるけれど、基本的には甘酒嫌い」という人には、古町糀製造所の「さらっと飲みやすい糀の甘酒」をすすめることが多いのです。

そのおすすめの甘酒が今回リニューアルになりました。

容量が従来の720mlから500mlになり、通常価格が1,080円から864円になったのでとても試しやすくなりました。

また、定期コースの初回が通常価格の50%OFFになったので、こちらもとても試しやすい価格になっています。

新潟からお届けする甘酒専門店の糀の甘酒



古町糀製造所の甘酒は飲みやすさ重視

酒造所とかお味噌メーカーのだと「糀で作ってます!」ということが誇りですので、まさに「糀」の風味がぐっと前面に出たものが多い印象。

好きな人はそこが楽しいのですが・・。

でも、古町糀製造所のはドリンクとしての飲みやすさや、飽きずに楽しめるかどうかを重視している気がします。

糀ドリンクの飲み方

まずは、半分を好きな飲み物で割ってみる(牛乳や豆乳、ココア、グリーンスムージーなど)と一層さらっと飲めます。

アレンジがしやすいので、少しずつ甘酒に慣れていくことができるのです。

また、古町糀製造所では、年中いろんな味の甘酒(というか、糀ドリンク)を作っているのも特徴。

毎月届く頒布会では、みたことのないような糀ドリンクが飲めます。

シーズンごとの新作も見逃せません。

2018年11月1日から発売のゆずフレーバーの糀ドリンク。

季節感のある糀ドリンクが定期的に出るので、楽しみがあります。

プレーンな甘酒を確かめた後は好きな時に好きなフレーバーを頼むようなスタイルでも楽しめます。

古町糀製造所の甘酒オンラインショップだと、クオリティの高い糀ドリンクが手軽に飲めるのと、新しい味に巡り会える楽しみがあるので菌活が続けやすいのです。

夏の季語・冬の風物詩・・なんだかんだで年中飲んで菌活しよう!

甘酒は夏の季語ですし、冬になると初詣などで売っていることがありますよね。

「甘酒、一体いつ飲めばいいの?」っていう人も多いのですが、答えは「いつでも」です。

季節の風物詩的なものと捉えるのも風情があっていいのですが、ヨーグルトやぬか漬けのように、季節に応じてアレンジしながら、年中飲んで菌活・栄養補給するのがおすすめです。

贈り物として甘酒を送るというのも喜ばれるようになってきましたよね。

年配の方々も甘酒が栄養豊富というのはご存知なので、ギフトにもぴったり。

珍しい風味の甘酒が素敵な箱に入っているので高級感があり「ちょっと他とは違う」という印象です。

まずは「「さらっと飲みやすい糀の甘酒」の定期で味を確かめてみて、いろいろなフレーバーを楽しみつつ、お気に入りを大切な人にプレゼントするというのはいかがでしょう?

年中楽しめる古町糀製造所のオンラインショップは下記をチェックしてみてくださいね。

糀の恵みたっぷりの1本【さらっと飲みやすい糀の甘酒】

 



  • この記事を書いた人

watako

菌活・腸活に興味がある発酵女子わた子です。 お米のコスメに特化したサイトも最近作りました。

-甘酒

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2018 All Rights Reserved.