菌活・腸活トピック

「シンバイオティクスってなんだろう」って思ってません? 最近。

投稿日:

シンバイオティクス・・最近テレビのCMでも耳にするようになったこの言葉について今日はご紹介します。

コンビニでこんなお菓子をみかけるようになりましたね。

  • プロバイオティクス=生きて腸まで届く食品(乳酸菌やビフィズス菌など)
  • プレバイオティクス=食物繊維やオリゴ糖など、お腹の中でプロバイオティクスの餌になり活動を助けるもの

のことなのです。

で、シンバイオティクスは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂取することとか、そういった食品のことなのですって。

そう、syn-という接頭辞なのです。英語の。一緒に・・っていう意味の。

テレビでもヤクルトが「シンバイオティクスW」という製品をCMで流していますよね。

でも別に新しいことじゃなくて、今まででも「なんとなく体に良さそうだな」と思って実践していた人は多いと思うんですよね。

ヨーグルトにはグラノーラとオリゴ糖、納豆にも時々オリゴ糖(へんですか?)・・・はちみつでも砂糖でもいいっちゃいいけど、なんとなくオリゴ糖。

グラノーラ

食事の献立を考えるときも、シンバイオティクスを意識するといいですよね。きっと。

納豆にわかめの味噌汁だって、納豆にきんぴらだってシンバイオティクス。味付けにオリゴ糖使えばもっとシンバイオティクス!

とにかく・・なんとなく実践していたことが「シンバイオティクス」なんて名前がつくとなんだかカッコよくなってびっくりしますね。

料理作りながら「うん、シンバイオティクス。よし、シンバイオティクス!」と指差し確認しちゃいそうな勢いです。(うそ)

ちなみにサプリだってこういう「シンバイオティクス」な考え方をしたもの、今までにもたくさんあります。

ビフィリゴ10000(Bifirigo10000)の口コミ。BB536とイソマルトオリゴ糖で安心の腸活。

とか、

メイトーのビフィズス菌LKM512の口コミレビュー。お腹で増える善玉菌。

とか。

名前がついたことによって、みんなもっと意識して実践できるようになるといいですよね。

はやるんじゃないでしょうか。この言葉。。

シンバイオティクスなおやつとか、シンバイオティクス居酒屋とか。

みなさんも、菌活・腸活するときに、食物繊維やオリゴ糖などを一緒に取ってあげるといいですよ!

そして「シンバイオティクスだから」ってドヤ顔で言って、お友達や家族に広めてみてください!

 

 

  • 当サイトの内容はすべて個人の体験・感想です。
  • 無断転載はご遠慮ください。
  • この記事を書いた人

watako

菌活・腸活・発酵食品のトレンドウォッチャー。 お米のコスメに特化したサイトも最近作りました。

-菌活・腸活トピック

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2018 All Rights Reserved.