菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

菌活・腸活トピック

ヨーグルトを食べるのにおすすめの時間帯とかタイミングがあるって本当?

更新日:

みなさん、ヨーグルトっていつ食べてますか?

私は朝ごはんの時とか、食欲のないランチのときに食べることが多いです。

どちらも、すきっ腹にヨーグルトを食べて、「うーん、美味しい。染み渡るぅ!」とか言いながら、体にいいことした気になって調子こいてました。。

でも、実はその食べ方、間違ってたみたいなんです。

ヨーグルトって実は食前より食後に食べたほうが、菌が腸まで届きやすいんですって!

胃の中はかなり強い酸性です。

そして、空腹時の方が一層強い酸性になっているのです。

そんな時にたとえ「腸まで届く」といわれている乳酸菌を取り入れても、胃酸で死んでしまう可能性が高まってしまうのだそうです。

だから、できる限り食べものや飲みもので胃の酸が薄まっている食後に取り込れるほうがいいのだとか。

乳酸菌やビフィズス菌を少しでも「元気な状態」で胃や腸に届けたければ、食後2〜3時間以内がベスト。

もちろん、ヨーグルトの場合は食べ物ですから、本来いつ食べてもいいんですよ。

食前に食べることで食欲を抑えてダイエットに役立てるという使いかたもありだと思います。

乳酸菌は様々な条件で生きたまま腸に届くことも、死んだ状態(死菌)で腸に届くこともあるのですが、生菌、死菌どちらの場合も腸の中で役に立ってくれるんだそうです。

なので、「生きたまま絶対に届ける」「生きたままでないと意味がない!」と頑張りすぎる必要はないんです。

「じゃあ無視してもいいかな?」とも思ったのですが、せっかく「菌活」をしていこうとこのブログを書いている身なので、できることならベストのタイミングで食べたいなと思いました。

というわけで、当面のマイルールは

  • これまでと同じように食べたい時に食べる
  • 食後のデザートとしてもヨーグルトを食べる。その場合、可能であれば「生きて腸に届く!」系(プロバイオティクス)のヨーグルトを選ぶ

です。

この方法でなるべくやっていこうと思います。

* * *

あと、ヨーグルトを食べるタイミングで気になっているのは便秘解消のための「夜ヨーグルト」です。

以前NHKの「Rの法則」という番組でやっていたのですが、便秘解消のスペシャリストという順天堂大学の小林医師のおっしゃるには、腸が働くゴールデンタイムが22時〜2時なんだそうです。

そこでその2〜3時間前(夕食後くらいになりますかね?)に

  • 200gのヨーグルトを食べる
  • 果物+はちみつを食べる
  • ヨーグルトの種類は定期的に変える

というのを実践すると便通改善になりやすいんだそうですよ。

すごく便秘に困る時があったら試してみようと思っているのでとりあえず忘れないようメモしておきます。。

-菌活・腸活トピック

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.