腸内美人になりたい菌活・腸活女子の口コミレビューブログ。

菌活・腸活ブログ(by わた子)

当サイト(chounai-beauty.com)の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

無断転載・まとめサイト引用禁止。

食べもの ケフィア 菌活・腸活トピック

自家製ケフィア生活デビューなら春がベストシーズン

更新日:

こんにちは、わた子です。

ゴールデンウィークの真っ只中。

気温は、東京では本日最低気温17℃、最高気温25℃。

暑い日差し

暖かいというより、もはや暑いくらいですね!

この季節、自家製ケフィアを作り始めるにはぴったりの季節なんです。

ケフィアの発酵温度は20〜30℃

ケフィアが完成するまで発酵温度は一般的には20〜30℃です。

時間は20〜30時間くらい。

というわけで、この時期は、牛乳パックにケフィアの種を入れてほぼ1日置いておけば簡単においしくて新鮮なケフィアを食べることができるのです。

ちなみにヨーグルトの場合は、種菌の種類にもよりますが、30〜45℃とやや高く、時間は7〜15時間くらいのものが多いようです。

ケフィアのほうが時間はかかるけれど作るのは簡単だと思います。

しかみ、ケフィアはお店で売っていないものなので、家で作る価値ありです!

簡単!ケフィアの始め方について

初めてのケフィア作りにおすすめの種菌2種

ホームメイドケフィア

実際に私がケフィアを作ってみたいという友人にすすめたのは、中垣技術士事務所さんの『ホームメイド・ケフィア』です。

ホームメイド・ケフィア

中垣技術士事務所のインターネットショップ

中垣技術士事務所楽天市場店

勧める理由は、成城石井などで取り扱いがあるので、近くに成城石井や、オーガニック系のスーパーなどがある地域では見つかりやすいから。

成城石井さんは他の支店で取り扱いがあれば、取り寄せしてくれるはずなので、もし見つからない場合はお店の人に聞いてみるといいですよ!

『ホームメイド・ケフィア』はスティック1本で1リットルのケフィアを作ることができます。

『ホームメイド・ケフィア』のレビュー記事はこちら>>

オリジナルケフィア

もう一つ、『オリジナルケフィア』も美味しいですよ。

自宅で作る手作りケフィアヨーグルトの種菌!送料無料

オリジナルケフィア

こちらはケフィア種菌のスティック1本で500mlの牛乳パック1本分のケフィアを作ることができます。

少量でいい、とか、普段はヨーグルトを食べるけど、時々ケフィアを、という場合は500mlが簡単に作れるこちらもおすすめです。

『オリジナルケフィア』のレビュー記事はこちら>>

味はどちらもおいしいですよ。

味の違いは種菌より作る牛乳や豆乳によるものが大きい気がします。

作り方のコツ

牛乳パックで作るタイプのものは、雑菌混入の心配もほぼないですし、放置するだけなので本当に簡単です。

ただ、「ここだけは注意したほうがいいよ」という点をいくつか挙げます。

作り始めに常温にすること

種菌を混ぜる時点で牛乳の温度を常温にしておくこと。

一番簡単なのは電子レンジで牛乳パックごと1〜2分温めることです。

牛乳パックって常温20〜30℃にするくらいの短時間なら、電子レンジにかけても大丈夫なんです。

ただ、牛乳パックの内側が銀色のタイプ(常温保持牛乳や一部の豆乳パックなど)はレンジでは温まらないので注意してください。

また、長時間電子レンジにかけないようにしてください。1〜2分かけてみて、「冷たくない」って思えれば大丈夫ですから。

平らで静かな場所に置く

種菌を牛乳パックに入れて、軽く混ぜ、クリップでパックに封をして、直射日光のあたらない場所で24時間おきます。

その際、発酵中に揺すったりすると、かたまらないことがあるようなので、静かに、そっとしておきましょう。

出来上がったケフィアはおいしいですよ〜!

ケフィア完成マトリョーシカ

春からケフィアで菌活デビュー、オススメです。

↓購入情報はこちら↓

・ホームメイドケフィア
中垣技術士事務所のインターネットショップ

中垣技術士事務所楽天市場店

・オリジナルケフィア

スポンサーリンク

自宅で作る手作りケフィアヨーグルトの種菌!送料無料

 

当サイト(chounai-beauty.com)の内容の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

フリー素材写真に関しても、当サイトサーバの画像への直リンクはご遠慮ください。

-食べもの, ケフィア, 菌活・腸活トピック
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.