腸内美人になりたい菌活・腸活女子の口コミレビューブログ。

菌活・腸活ブログ(by わた子)

当サイト(chounai-beauty.com)の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

無断転載・まとめサイト引用禁止。

甘酒 飲みもの

クエン酸と生きた酵素が入った玄米甘酒「一日一糀」は菌活・腸活・美活にぴったり!

更新日:

こんにちは、わた子です。

今日は金沢のヤマト醤油味噌さんの玄米甘酒「一日一糀」をご紹介したいと思います。

ヤマト醤油味噌 一日一糀

先日、銀座にある石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語 江戸本店」で見つけて購入しました。

「おっ、これいい名前だし美味しそう!」とボトルを手にレジに行くと、レジのスタッフさんに

「これ、酸味があるタイプですけど・・・大丈夫ですか?」と聞かれました。

「酸っぱいって、何が入っているんですか?」と質問すると

「クエン酸が入っているんです」との答え。。

びっくりしました。

甘酒にクエン酸って初めて聞いたような・・・でも、よく見ると瓶にも書いていました。

「一日一糀」のラベル

1本あたり770mgのクエン酸が入っているんですね。

ちなみにレモン一個あたり約4gのクエン酸が入っているそうなので、レモン6分の1個くらいのクエン酸ということでしょうか。

それにアミノ酸と「活酵素」・・・そう、「一日一糀」には生きた酵素も入っているんです。

金沢のヤマト醤油味噌さんについて

ヤマト醤油味噌さんは金沢の大野にある老舗のお醤油・お味噌やさん。

「あさイチ」や「鶴瓶の家族に乾杯」「ヒルナンデス」などでも紹介されたことがあるそうです。

主要な原材料はすべて国産の材料、白山の伏流水を使ったこだわりの商品を作り続けていて、甘酒にはお味噌につかう米糀を使っています。

お酒の糀は通常1種類の酵素を作るのですが、味噌の糀からは100種類の酵素が生まれるそうですよ!

「一日一糀」とは?

ヤマト醤油味噌さんでは「一汁一菜に一糀」という提案をされています。

  • ご飯(できれば玄米)
  • 具沢山の汁物
  • 季節の野菜をつかったおかず

に、生味噌や塩糀など発酵調味料を使いましょう、という提案です。

発酵調味料を使うことで生きた酵素も摂れるから、理想的な食事ですよね。実現できれば・・。

現実には、パン食やコンビニの食事などでなかなかそんな食事を摂れない人も多いのではないでしょうか。

そこで考えられたのが「一日一糀」なのです。

ヤマト醤油味噌さんではいわゆる普通の甘い甘酒(お米は玄米を使用)も作っています。「一日一糀」は、普通の甘酒とはちがう種類の糀を使っていて、その糀が酸味(クエン酸)のある甘酒を生み出すのです。

一日一糀

甘酒ってただでさえ「飲む点滴」と言われているのに、クエン酸も入ってたら、疲労回復効果がすごく高そうでよね!

さらに普通の甘酒は加熱殺菌処理をしているのですが「一日一糀」は、低温殺菌で酵素が生きているのも大きな特徴です。

「一日一糀」を飲んでみた感想

「一日一糀」を飲んでみました。

一日一糀

色はミルクティーのような色です。

濃度はそれほど濃くありません。わりとサラサラしています。

気になる味は・・・たしかにちょっと酸っぱいです!

でも、梅干しやレモンのようなキューっと顔をしかめる酸っぱさではなかったです。甘酒の甘さもある上での酸味で、フルーツジュースのようなさわやかな味だと思いました。

あと、実は私、あまり「玄米」の風味(穀物くささ)が苦手なのですが、玄米フレーバーもそんなに強くありません。

癖のある味が苦手な方でも大丈夫じゃないかなと思いました。。

菌活・腸活・美活すべてにぴったり!

この「一日一糀」には、アミノ酸やペプチドなどの美容成分もふくまれています。

また、クエン酸は腸の蠕動運動を促したり、腸を酸性に保って腸内環境を整えてくれる働きも

  • 糀(菌)を食べる(飲む)からお腹にいいという意味での菌活
  • 美肌にいい成分を取る美活
  • クエン酸で腸の調子を整える腸活

三つの「活」動を積極的に行える甘酒ですね。

ヤマト醤油味噌 公式ホームページはこちら

当サイト(chounai-beauty.com)の内容の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

フリー素材写真に関しても、当サイトサーバの画像への直リンクはご遠慮ください。

-甘酒, 飲みもの

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.