菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

甘酒 飲みもの

いきいき富山館で買った「越國屋 新村こうじみそ商店」の甘酒を飲んだ感想

更新日:

アンテナショップ巡りが好きなのですが、東京でアンテナショップの聖地といえば「有楽町交通会館」です。

その交通会館の地下1階にある富山のアンテナショップいきいき富山館で見つけた越國屋 新村こうじみそ商店さんの「甘酒(玄米・雑穀入り)」をご紹介したいと思います。

富山県のお味噌屋さんの作る甘酒は、「おいしゅうございます」で有名な美食評論家としての岸 朝子さんのお気に入りだったそうで、岸さんの著書「日本の食遺産」(ワニブックス刊) にも掲載されているとのこと。

 

甘酒

「玄米・雑穀」と書かれてあるのが気になって購入してみました。

甘酒 

原材料は「米、米麹、塩、玄米こうじ・あわ・ひえ・きび・はと麦」となっています。

玄米・雑穀 甘酒

140gが2袋入っていました。

よーくみると、黄色いつぶつぶしたものや、白いつぶつぶが見えます。雑穀ですね。

玄米・雑穀入りでない普通の甘酒も販売されているようです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

●越國屋【新村甘酒】130g×3袋入 【無添加 甘酒】
価格:583円(税込、送料別) (2016/8/5時点)

 

新村こうじみそ商店の「甘酒」を飲んでみた

玄米・雑穀甘酒

コップにあけると、少し濃度の高い甘酒がとろとろと出てきました。

まだ米や雑穀の粒が少し残っている状態です。

「少し濃いめの味になっていますので、お好みで薄めてください」と書かれていたので、試しに少し飲んでみると・・・・たしかに少し濃くて甘めの味。

でも風味は普通の甘酒です。雑穀や玄米特有の香りや食感などは特にありません。

「玄米雑穀甘酒」ではなく、あくまでも「普通の甘酒に玄米や雑穀も少し入っていますよ」という甘酒なんですね。

飲みやすいです。

でも、粟ぜんざいのようなプチプチ感があってもよかったかな。。

暑かったので氷を入れてみました。

冷やし甘酒 氷入り

氷が溶け出す分だけ少し薄まり、少しあっさり目になりました。

果物などを加えてこの甘酒を入れ、ミキサーにかけて「甘酒スムージー」に向いていそうです。

濃いめ、甘めなので、飲むと一層満足感があります。

玄米雑穀入りの甘酒はネット通販しているところが見つかりませんでした。新村こうじみそ商店のオンラインショップはないようですが、お店の公式サイトは以下のリンクとなります。

越國屋 新村こうじみそ商店HP

そして「いきいき富山館」有楽町店の情報はこちら。

有楽町店「いきいき富山館」について

-甘酒, 飲みもの

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.