菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

オーラルケア

お口の善玉菌を守る歯磨き『薬用マスティック&アロマ』で歯茎の引き締まりを実感

更新日:

最近、口臭・歯周病・お口の老化をケアする歯磨き(マッサージ)ジェル、デンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】を使っているのですが、すごく調子がいいのでご紹介したいと思います。

mastic&aroma +G

「歯周病の原因となるジンジバリス菌などの悪玉菌を殺菌し、善玉菌は残す」処方で、口内フローラの環境を良好に保ち、お口の健康を守ってくれるという歯磨きジェルです。

マスティックってなに?

マスティックは、ギリシアのヒオス島原産の木から取れる樹液です。

古来から食後に樹脂を噛んで口臭を消したり、傷の手当などにつかわれていて、ヨーロッパなどでは高い殺菌性が認められ、様々な用途に使われています。

最近では「ピロリ菌」の殺菌にも効果があることがわかり、一層注目を浴びているそうです。

善玉菌だけを生かして、悪玉菌だけを殺すことができるような歯磨きを作るため、いろんな素材を探していた「とつかグリーン歯科」院長の渡辺秀司歯学博士は、「マスティック」の存在を知り、口内だけでなく全身の健康面からも歯周病を予防する力があると確信されたそうです。

そして、マスティックを含む9種類のハーブで、お口の悪玉菌だけを追いやり、口腔環境を良くしながら歯周病や口臭を改善していくデンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】を開発されたのです。

『薬用マスティック&アロマ』と普通の歯磨きアイテムとの違い

口の中にも口内フローラという細菌群があるのですが、そのバランスが崩れてしまうことで、歯周病などの様々な口のトラブルに発展してしまいます。(あさイチなどでも特集していましたね。関連記事はこちら

ひどくなると、体の調子も悪くなってしまうことも。。

そうならないためにも、歯磨きなどで口の中を清潔に保つことは、「虫歯にならないため」以上にとっても大事なのです。

同梱物

ただ、一般的な歯磨きや口腔ケア用アイテムは、どうしても口の中を殺菌するために合成成分を使っていることが多く、口の中の悪玉菌だけでなく、善玉菌まで殺してしまうことがあるそうです。

一旦すべての菌を殺すというのも、手段としてはありなのかもしれませんが、、

でも、口の中は、体に入ってくる細菌やウィルスなどを真っ先に防ぐ大事な場所

そんな場所で、口内フローラのバランスが崩れた(善玉菌が動けない)状況を作ってしまうのは得策ではありませんよね。

『薬用マスティック&アロマ』の特徴

2種類の歯磨きジェル

デンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】には現在2種類あります。

1つは99%自然素材の『薬用マスティック&アロマ』、もう1つは『薬用マスティック&アロマ+G』というグレープフルーツ種子が入ったタイプです。

どちらも9種類のハーブが入っていて、長く使うほど、口の中の環境が良くなってくるそうです。

成分

『薬用マスティック&アロマ』の成分

湿潤剤:ソルビット液、濃グリセリン/溶剤:精製水、エタノール/清掃剤:無水ケイ酸/粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム/可溶剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油/香味剤:香料(マスチックオイルタイプ)/薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム、塩化セチルピリジニウム/清涼剤:l-メントール/矯味剤:オウゴンエキス、セージエキス、ノバラエキス、ムクロジエキス、カモミラエキス(1)/基剤:結晶セルロース/甘味剤:キシリット ※合成界面活性剤、着色料、香料不使用

使われている9種類のハーブ

マスティック、カンゾウ、オウゴン、セージ、カモミール、ローズヒップ、ムクロジ、キシリトール、メントール

『薬用マスティック&アロマ+G』の成分

mastic&aroma+G

湿潤剤:ソルビット液、濃グリセリン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル/溶剤:精製水、エタノール/基剤:無水ケイ酸、結晶セルロース/粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム/可溶剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油/香味剤:香料(マスチック・グレープフルーツタイプ)/pH調整剤:クエン酸ナトリウム、クエン酸/清涼剤:l-メントール/矯味剤:オウゴンエキス、セージエキス、アロエエキス(2)、ノバラエキス、ムクロジエキス/薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム、塩化セチルピリジニウム/甘味剤:キシリトール

使われている9種類のハーブ

マスティック、カンゾウ、オウゴン、セージ、アロエ、ローズヒップ、ムクロジ、キシリトール、メントール

mastic&aroma+G

『薬用マスティック&アロマ+G』を実際に使ってみた

私はグレープフルーツ好きなので『薬用マスティック&アロマ+G』を購入しました。

45gということで、少し小ぶりの容器です。

mastic&aroma

デンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】の使い方は1〜1.5cmほどを歯ブラシに付けて普通に歯磨きをするだけ。

歯ブラシ、写真のものは今まで使っていたものなのですが、専用の歯ブラシも売っています。

歯ブラシにつけた歯磨きジェル

「マスティック」というハーブが、どんな味なのか想像できないので、ちょっとドキドキしながら使ってみました。

普通に美味しいです。。

爽やか。

そして、使っている間でも歯茎が引き締まっていくような清涼感を感じます。

ジェルタイプで泡立ちが少ないので、慌てず落ち着いて隅々まで磨けるのもいいです。

ジェルを指に乗せて口の中をフィンガーマッサージしてもいいそうです。(口の中を傷つけないよう、やさしく塗るようなかんじでOK)

口の中をすすぎ終わると、口の中はスッキリ、歯がツルツルしているのを実感できました

感想

実は私、フッ素が入っていないものとか、プロポリスが入ったオーガニック系歯磨きなど、いろいろと「良さそうな歯磨き」を使ってきたことがあります。

でも、正直、自然派歯磨きは、「まずい」か「マイルドすぎて爽快感が低め」のものが多い印象でした。

そして「自然派だからしょうがないかー」と諦めていました。

そんな中、デンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】はかなりスッキリ磨けて、歯茎への爽快感もすぐに実感できた歯磨きです。

こんな人にオススメ

  • 口内環境を良くしたい
  • 歯周病を予防したい
  • 1本でも自分の歯を残しておきたい

歯医者さんで歯磨き指導などを受けることは多いので磨き方は気にしていましたが、口の中の細菌バランスのことまで考えたことがありませんでした。

口内フローラのバランスを整えることは「口腔免疫力」をアップさせることにつながるんですね。

そして、口腔免疫力が上がると歯周病予防だけでなく、体の健康を保つことができる・・・というのはなかなか今まで気がつきませんでしたが、覚えておきたいなと思います。

「歯医者さん行くの嫌だから磨かなきゃ」って消極的な理由じゃなくて「磨くことが健康への第一歩」と思った方が、丁寧に磨けそうですよね。

それにデンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】は、美味しくてスッキリする歯磨きなので「磨くと気持ちいいから磨きたくなる」と、自然と磨きたくなるのもいい点です。

 

↓詳しい情報は公式サイトにて↓

デンタルマッサージジェル【マスティック&アロマ】


-オーラルケア
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.