腸内美人になりたい菌活・腸活女子の口コミレビューブログ。

菌活・腸活ブログ(by わた子)

当サイト(chounai-beauty.com)の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

無断転載・まとめサイト引用禁止。

青汁

濃い藍の青汁飲んでます。独自のポリフェノールが注目されている古来の植物!

更新日:

夏になると「青汁でも飲もうかな!」という気になってきますよね〜。

最近注目しているのが「濃い藍の青汁」です。

藍の青汁

藍といえば・・藍染とかに使われている日本古来の植物ですが、生薬としても使われてきました。

戦国武将は藍染の衣服を身に纏って出陣しましたし、赤ちゃんの衣服としても使われてきたそうです。

藍が持つ抗菌・抗ウイルス・抗炎症などの力をそれとなく知っていた昔の人たちは、藍を衣服として身につけることで身体を守ろうとしていたのかもしれませんね。

藍の青汁

そして、ごく最近(2015年)の話としては、藍(タデ藍)から新しいポリフェノールが発見されたということで一層注目を浴びているのです。

現在、慶応大学・大阪大学・筑波大学といった研究機関で藍の研究が続けられています。

特に、難病指定をされている潰瘍性大腸炎などの病気に対して公開臨床なども始まり、新聞などでとりあげられることが大変多くなっている大注目の植物なのです。

濃い藍の青汁

濃い藍の青汁の特徴

藍の青汁の原材料を見ると、大麦若葉が一番多く、次にオリゴ糖・桑の葉粉末・クマザサ粉末、そして藍抽出物といった割合になっています。

藍の青汁の主な成分

藍は農薬を使用せず、土作りから取り組んだ自社の畑でつくられる藍を使用しています。

藍の青汁の成分

栄養成分は、1袋あたり、11.9Kcal。(タンパク質0.4g。脂質0.1g。炭水化物2.7g。糖質2.0グラム。食物繊維0.7g。食塩相当量0.002g。オリゴ糖0.55g。)

濃い藍の青汁

藍の青汁を飲んでみた!

藍の青汁は1日1〜3袋を目安に、100mlくらいのお湯かお水などに溶かして飲みます。

藍の青汁

私は常温のお水で朝食時と午後のおやつによく飲んでます。

作り置きはしないで毎回ちゃんと作ったほうがいいですよ。

粉末は結構量が多いです。1袋3.5gです。

「だから濃いのか!」と思うくらいたっぷりの粉末。

藍の青汁 粉末状

さて、お水に溶かすとこんな感じの色です。

藍の青汁

やっぱり見た目からして「濃い青汁」ですよね。

もちろん、飲んでも濃厚です。

でもあまり青臭くはないんです。

甘味があり、青汁にしてはかなり飲みやすいと思いました。

美味しいです。

藍の青汁を飲みつつ、藍を使ったオーラルケアのうる藍バリアを使うことで、お腹の中から口まで藍を使って潤す・・というのが最近のマイブームです。

うる藍バリアの口コミレビュー。藍のサプリで口もおなかもすっきり。

濃い藍の青汁の購入情報

濃い藍の青汁は通常定期購入で2,970円(税抜)で送料無料。

初回は特別価格で1,800円(税抜)で送料無料です。

「藍って飲んだことないし・・口に合うかどうかわからない!」とか「飲んで実感なかったらいやだなあ」という人もいるかもしれませんよね。。

でも、初回購入時に返金保証が付いているので、心配なく試せます。

詳しくは公式サイトを見てみてください。

濃い藍の青汁

 

 

 

 

 

当サイト(chounai-beauty.com)の内容の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

フリー素材写真に関しても、当サイトサーバの画像への直リンクはご遠慮ください。

-青汁
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.