菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

飲みもの お茶

都心のコンビニで憧れの後発酵茶「阿波晩茶」を発見!

更新日:

こんにちは。わた子です。

お茶の葉を乳酸菌発酵させて作る「阿波晩茶」というものがあると知ったのは、去年の秋頃放送した「あさイチ」で取り上げられていたのを見たときでした。

それ以来飲みたいと思っていたのですがなかなか飲む機会がなかった「阿波晩茶」。

飯田橋のアンテナショップで発見

先日、飯田橋に所用で出かけた際、ナチュラルローソンのなかに徳島のアンテナショップが入っているのを発見したのです。

ローソン飯田橋三丁目店内の「なっ!とくしま」2号店です。

関連ランキング:その他 | 飯田橋駅水道橋駅九段下駅

1号店は虎ノ門。平成21年に全国で初めてコンビニに設置されたアンテナショップなんだそうですよ。

どういう契約形態なのかわかりませんが、東京は地代も高いし、コンビニ同居っていいアイデアなのかもしれませんね。。24時間販売できるし。

さて、発酵好きとしては「阿波晩茶」を真っ先にさがさずにいられません。

ありました。

 

今回買ったメーカーは、「いろどり晩茶生産組合」さん。

ティーバッグタイプの阿波晩茶です。

やっとめぐりあえた阿波晩茶、もちろん買いましたよ♪

阿波晩茶 ティーバッグタイプ

 

「番茶」と「晩茶」、違いがあるの?

よく見ると阿波「番茶」じゃなくて「晩茶」なんです。

以前は「番茶」と書かれていたようですが、製法が「番茶」と違っているから「晩茶」と変えるようになったそうです。

番茶の製法

蒸す→揉む→乾かす、という手順です。(煎茶と同じ)

阿波晩茶の製法

一方、阿波晩茶は

ゆでる→揉む→樽漬けにして発酵→干して乾燥

といった手順になります。

阿波晩茶の作り方(パッケージ裏)

「後発酵茶」と呼ばれることもあるのは、後から発酵させるということなんですね。

ちなみに以前紹介した「碁石茶」は「むしろ」の上で寝かせて発酵(一次発酵)させ、さらに樽につけて発酵(二次発酵)させて作るお茶でした。

少し製法が違うんですね。

「阿波晩茶」を飲んでみた

というわけで、いただきました。「阿波晩茶」。

ティーバッグの「阿波晩茶」の香りは・・

阿波晩茶

このティーバッグの香りを嗅いだところ、ちょっと「うっ」という香りがします。

碁石茶は「甘い発酵臭」だったのですが、阿波晩茶のほうが酸っぱい発酵臭ですね。

阿波晩茶(ティーバッグ)の作り方

1包に1リットル目安の熱湯をいれます。

阿波晩茶

3〜10分お好みの濃さになるまで待つだけ。

徳島の発酵茶

待っていると、綺麗な黄金山吹色になります。

出来上がりはこんなかんじの色に。

湯のみに入れた阿波晩茶

ティーバッグのときに感じたつんとくる香りはどこへやら、、爽やかな酸っぱい香りです。

味も適度な酸味があり、あっさりしています。

熱くても美味しいし、冷たいお茶と冷たいご飯で冷やし茶漬けにしても美味しそうです。

低カフェインで乳酸菌たっぷりの菌活ティー、また飲んでみたいと思いました。

 





-飲みもの, お茶

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.