菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

甘酒 飲みもの

あさイチ甘酒特集を見て甘酒を紹介したくなったので紹介します♪

更新日:

昨日、あさイチで甘酒特集やってました。

ゲストには君島十和子さん。道端アンジェリカさんも映像でちらっと登場されていました。

どちらも「甘酒大好き!」とおっしゃってました。

まあ、甘酒を飲んだから美人になったわけじゃなく、もともと美人な方々が「飲んでます」っていうエピソードに過ぎませんが、それでも朝ぼんやり見てたら「おお、甘酒すごーい!」ってテンション上がりました(笑)。

その他、女子大生の集団に一定期間(たしか4週間だったかな・・ちょっとうろ覚え)飲んでもらって、お肌のハリなどを測定すると一定の効果があるという結果が出たよ、といった内容の放送をしていました。

あと発酵王子こと伏木暢顕さんも登場されていました。

ずいぶん前のことですが伏木さんの甘酒教室行きました。

硬派な座学のあと、美味しい甘酒の作り方をおしえていただきました。

神田明神のそばの甘酒屋さん天野屋(天埜屋)さんも出てました。

番組を見てひさびさに甘酒飲みたくなったので、飲みがてらご紹介をしようと思います。

番組でもがっつり写っていたのがこちら・・八海山の甘酒。

甘酒

私がスーパーで初めて見つけたのはナチュラルローソンでした。

甘酒がココナッツウォーターとかアサイーとかオシャレ系スーパーフードドリンクと一緒に並んでいる光景というのは、最近は珍しくないけれど、数年前にみたときは「おっ」と思いました。

八海山はお酒好きのかたにはあまりにも有名な新潟の酒蔵です。

ブームになる前から東京にも、オシャレなアンテナショップ(千年こうじや)を日本橋のコレド室町2や神楽坂にも出されています。

千年こうじやさんでは、お酒や発酵食品だけでなくスイーツやコスメも売ってます。

甘酒の話にもどりますと、八海山の甘酒の特徴は、「麹だけでつくった〜」、という名前からもわかるとおり麹甘酒だということです。

麹だけでつくったあまさけ

そして、甘酒(amazake)じゃなくてあまさけ(amasake)です。なにげに(笑)

お砂糖や添加物はもちろんはいっていません。

自家製だと炊飯器放置でオッケーとはいうものの結構な時間がかかる甘酒作り。。

シンプルな麹甘酒が、しかも本格的なものが、こうやって手軽に手に入れられるようになったのは本当にうれしいですね。

今日初めて、温めて飲んでみました。

甘酒を湯のみに

湯のみにいれてレンジで約30秒。

レンジの性能によって違うと思いますがほんのり温かいくらいになりました。

気持ち甘みが強くなる気がしますが、でもおいしい。

濃度はさらさら。

麹甘酒にはつぶつぶとお米の感触が残っているタイプもありますが、お米粒の感触が好きじゃない人はこのさらっとしたタイプがいいんじゃないでしょうかね。

ココアに入れたり、卵焼きの砂糖代わりに使ったり、お砂糖のようにして使ってみるのもおいしいです。

お砂糖にはない、ほっこりした甘みが感じられます。

あと以前甘酒教室でならったのは、果物をつけておく方法。

いちごを甘酒に漬けてみました。#デザート #strawberry #甘酒 #いちご #本日の菌活 #名前が分からない

わた子@菌活/腸活女子さん(@h_watako)が投稿した写真 -

これからのシーズン、いちごなどをつけたら美味しいデザートになると思います。

昨日のあさイチでは青汁とまぜてグリーン甘酒スムージーも紹介されていました。

甘酒も青汁も苦手といってたゲストの芸人さんがごくごくと飲んでいらっしゃいました。

今度試してみようと思います。

 

あまさけが買えるお店(八海山公式サイトより)でご近所で売っているお店をさがしてみてください。

また、楽天やアマゾンでも購入できます。

-甘酒, 飲みもの

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.