菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

甘酒 飲みもの

遠藤酒造場の「造り酒屋の甘酒」は日本酒好きな方にオススメ!感想・口コミレビュー

更新日:

こんにちは、わた子です。

遠藤酒造場の「作り酒屋の甘酒」をいただきました。

造り酒屋の甘酒

酒造場さんの甘酒ということで、もしかしたら酒粕系かなと思ったら麹の甘酒でした。

酒粕・麹、どちらにもいい点があるので、私は基本どちらも好きです。

でも、この夏いろいろ飲んでみて、「冷やし甘酒」に関しては麹で作った甘酒のほうが好きかな〜と自分の好みがだんだんわかってきました。

麹の甘酒のほうが「すーっと染み渡る」という感覚で、本当に「飲む点滴」とはよく言ったものだなと思います。

遠藤酒造場さんについて

販売元の遠藤酒造場さんは創業1864年・・・というと幕末になりますかね。創業150年の造り酒屋産。

次々とオリジナル商品を出して、モンドセレクション金賞受賞(12年連続)をしたり、世界各国の数々の賞を受賞していて、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」最高金賞を受賞した日本酒も販売しています。

販売されている甘酒は900mlの瓶タイプ。

甘酒の瓶

テレビ放映後18分間で16,000本が完売したそうです。

すごいですね〜。

甘酒の原材料

さらに、楽天リアルタイムランキングでも総合1位を獲得したことのある大人気商品なんだそうです。

原料は、米麹と米だけ。お米は国産100%です。

まあ、こだわりの日本酒を作る酒造所の甘酒ですから、当然といえば当然かもしれませんね。

「造り酒屋の甘酒」をさっそく試飲してみました

そんな造り酒屋さんの甘酒の味を早速試してみました。

甘酒@遠藤酒造場

濃度はやや濃いめ。

味はわりとがつりと甘いのですが、もちろん砂糖が入っているわけではなく、自然の甘みとなっています。

由緒正しい麹の甘酒といった味でした。美味しくいただきました。

ただ、瓶1本が900mlなので、一人で飲むと数日かかっちゃいますね。

数日冷蔵庫に入れると分離してくるので長期保存して調味料的に使うというのはちょっと難しそう。

その点考えると、数人で消費する時に飲むものと考えたほうがいいかなと思いました。

少しだけ余ったら料理に使えばいいのかなと思いました。

発酵ラブと日本酒ラブの違いをそこはかとなく感じる

日本酒のパンフレット付き

私は甘酒1本だけ購入したのですが、ちゃんと日本酒のパンフレット(リスト?)がついてきました。

日本酒リスト

地図みたいに立派なやつです。

日本酒リスト

ここぞというオススメのお酒や・・

日本酒リスト

発売しているそれぞれのお酒の説明が詳しく載っています。

お酒好きな人にはこっちのほうが楽しみかもしれません。

ただ・・・若干ですがこういうのを見ると「日本酒の顧客を伸ばすために甘酒を作ってみましたよ」感が感じられるんですよね。。

まあ、酒造所ならもちろんメインはお酒のほうだと思いますし、それ自体はいいんですけど。

でも、「あくまでも甘酒は導入。狙いは日本酒」という雰囲気が強いというか。。

「そんなもん飲んでないで、早くこっち(日本酒側)に来いよ〜」という圧が若干(笑)感じられるような気がしてきて・・・

甘酒への興味メインで購入し、自宅で日本酒を飲む習慣のない私には「す、すみません。安いものしか買わなくて・・」的な申し訳なさをおぼえてしまいました(笑)

箱の側面

箱の横のこのメッセージとかも、やっぱり「Sake」愛溢れてます。

というわけで、ご家族にお酒好きの方がいたり、お酒好きの方へのプレゼントなどを探す機会が多い方におすすめしたいショップだなと思いました。

そして、甘酒以外にもぜひいろんな美味しいお酒を買って楽しんでみられるといいのではないかなと。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

遠藤酒造場



 

-甘酒, 飲みもの

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.