菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

飲みもの お茶

荒畑園のダイエットプーアール茶『茶流痩々』感想・口コミレビュー。国産プーアール茶ってやっぱり美味しい!

更新日:

プーアール茶といえば「脂っこい食事と一緒に飲むと口がさっぱりして、胃もたれしない」というイメージ。

ぜひともダイエットのお供にしたいお茶ですよね。

でも、いいものはお高いですし、安いものはなんだか不安。

普段なかなか購入する機会はないプーアール茶に、国産があると知ったのは、先日『山吹撫子』という国産の黒麹菌による発酵茶を知ったからです。

その後、「もしかして、国産のプーアール茶って他にもあるのかな?」といろいろ探してみたら、『山吹撫子』のおさだ苑さんと同じ静岡にある「荒畑園」さんという会社の『茶流痩々』というプーアール茶があることを発見しました。

国産プーアール茶の味の違いが気になったのもあり、ぜひ飲んでみたいと思い注文してみました。

安心・安全な国産プーアール茶

とどいたのがこちらです。

荒畑園

お茶どころのイメージただよう外装です。

中身一式はこちら。

ダイエットプーアール茶一式

商品のネーミングからしても、「このお茶でいろいろ流してすっきり痩せましょう」という意味のようで、「ダイエットプーアール茶」という点が強調されていますね。

茶流痩々

荒畑園のダイエットプーアール茶の特徴

豊富な栄養素

荒畑園の国産プーアール茶の茶葉は静岡県牧之原台地産。日本一の茶どころと言われるところで作られたお茶を使っています。

  • 重合ポリフェノール
  • 没食子酸
  • ミネラル
  • ビタミンB・A・E

といった成分が豊富。

中でも、スッキリに役立つ重合ポリフェノール没食子酸は輸入プーアール茶をはるかに上回るそうです。

お茶の葉にふくまれるカテキンが発酵の途中で重合ポリフェノールと没食子酸に変化するのですが、牧之原台地で育ったお茶の葉は肉厚でカテキンをたくさん含んでいるので、輸入品のプーアール茶を上回るダイエット成分を持ったお茶になるのだそうです。

土から違うこだわりの農法による茶葉

荒畑園さんの茶葉は、

  • 世界農業遺産に登録された「茶草場農法(ちゃぐさばのうほう)」(=お茶畑の畝の間にススキやササなどを刈ったものを敷く農法)
  • 天然有機質ともみがらを発酵させた「自家堆肥」

によって培われた豊かな土壌で育っています。

安心の製造体制

そして、自社のクリーンルームで黒麹菌をつけて80時間かけ丁寧に発酵させたもの。

様々な賞を受賞

  • しずおかふるさと食品コンクール:静岡県内の最優秀賞
  • 全国優良ふるさと食品中央コンクール:全国2位(準グランプリ)
  • 「しずおか食セレクション」に選定

と、さまざまなところから認められているお茶なのです。

IMG_3161

というわけで、早速いただきました。

ティーバッグは、やはり『山吹撫子』さんと同じく、花のような甘い発酵の香りがします。

1リットルのお水に入れて、やかんで沸騰後3〜4分煮出すとできました。このほか、急須でも入れることができます。(その場合1〜5煎目くらいまで、変化していく風味が楽しめるのだそうです)

IMG_3159

系統は同じですが、『茶流痩々』のほうが若干花っぽい香りは控えめかもしれません。

飲みやすくて、とても美味しいお茶でした。

どんな食事にも合うと思いますが、やはり脂っこいものを食べた後に飲むとさっぱりしてホッとします。

国産プーアール茶はダイエットに向いているのか?

まだ飲み始めて2袋目なのでなんともいえません。でも、このお茶を飲んでいる前後は、トイレに行く回数が明らかに多くなる気がします。(個人の感想です)

国産プーアール茶の魅力に目覚める

静岡の茶葉の美味しさはさすがですね。

そして、そのお茶を使った「国産プーアール茶」の美味しさは本物だと思います。

「ダイエット」を強調するまでもなく、嗜好品として美味しいお茶なので普段のお茶のローテーションに入れたくなります。

 

↓購入情報はこちら↓

安心・安全な国産プーアール茶



-飲みもの, お茶
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.