菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

飲みもの お茶

食物繊維だけじゃなくてポリフェノールもたっぷり!ドクター南雲監修のごぼう茶でティータイム美活

更新日:

腸内環境を整えるためには、食物繊維などを意識して摂ることが大切です。

食物繊維といえば「ごぼう」

体にいいのはわかるけど、私にとっては毎日食べるのが結構大変な食材です。

じゃあ、ごぼう茶?

体に良さそうなのはわかるけど「飲みにくい(まずい)んじゃないのかな?」という気がして、ずーーっと見て見ぬふりをしてきました。

「お茶にしてまで飲むのはちょっとなあ。他にも体に良くて美味しいお茶はあるし」

と思って。。

そんな私ですが、最近、とある「ごぼう茶」の存在を知りました。

あじかんの『焙煎ごぼう茶ーつくば山崎農園産ごぼう100%ー』

このごぼう茶は、監修があの南雲吉則医師なのです。



南雲先生は1955年生まれ。

38歳で体調を崩して、いろんな健康法をためされたという南雲先生はあるとき、「山﨑農園」の山崎さんからごぼう茶を紹介されたのだそうです。

その後、飲み始めたら手放せなくなったのだとか。

でも、南雲先生にとっても、やっぱりごぼう茶は飲みにくかったのです。

どんなに体に良くても、まずいと広まりませんよね。。

そこで、なんとか「おいしいごぼう茶」を作ろうと、南雲先生と山﨑農園さんは試行錯誤を繰り返しされたそうです。

一方、昭和37年創業の食品メーカー「あじかん」さんは、ごぼうの持つ力に着目し、広島大学はじめ多くの大学と共同研究を行ってきた会社です。

原料にもこだわり、子会社を設立して農業事業に参入、美味しいごぼうを作りながら、いろんな「ごぼう商品」を出されています。

その、あじかんさんと、南雲先生と山﨑農園さんが出会い、生まれたのがこの『焙煎ごぼう茶ーつくば山崎農園産ごぼう100%ー』です。

中身一式

『焙煎ごぼう茶』到着

私が注文したのは『焙煎ごぼう茶ーつくば山崎農園産ごぼう100%ー』のお試しサイズ7包入り

国産あじかん焙煎ごぼう茶

「つくば山﨑農園産」は茨城県つくば市の山﨑農園産のこだわりのごぼうのみを使用しています。

山崎農園の焙煎ごぼう茶

この方が山﨑さん。

山崎農園の山崎さん

関東ローム層の赤土は、水はけがよく、栄養分がたっぷりなので美味しいごぼうになるのだそうです。

ごぼう茶の袋を開封してみると、香ばしいごぼうの香りが立ち上がりました。

ごぼう茶を開封してみるとごぼうの香ばしい香りが

モノがモノだけに、木の根っこのような香りともいえなくはないのですが、それでも、焙煎されたいい香りがします。

国産あじかん焙煎ごぼう茶

ごぼう茶はティーバッグです

『焙煎ごぼう茶』を飲んでみた

ティーバッグなので簡単に作ることができますし、水出しでもオッケー。

やかんにお水1リットルとティーバッグを入れて、沸騰後3分ほど煮出してもいいようです。

やかんで煮出したごぼう茶

とっても綺麗な色のお茶でした。

そして味は・・ごぼうの「風味」はあるのですが、「ごぼう臭さ」はありません。

深煎りの黒豆茶とか麦茶に近いです。

ホットでもアイスでも飲めるのですが、個人的にはホットのほうが好みでした。

さらに、このティーバッグですが、なんと・・・

ごぼう茶は出がらしも食べられます

「茶がら」も食べられるんです。

ごぼう茶飯や、卵焼きにいれたり、フリーズドライやラーメンなどに入れたり、いろんな使い方ができるようです。(ただし、保存料は一切使用していないので、早めに食べること)

どんな味がするのか確かめたくて、そのまま食べてみることにしました。

ごぼう出がらし

さすがに煎った根っこのようなごぼう味です。

多少味がほしいなと思い、カイテキオリゴをかけて、醤油を垂らしてみると・・・きんぴらゴボウというか、佃煮というか・・立派なお茶うけになりました。

ごぼうの凄いパワーについて

2種類の食物繊維のバランスが良く入っている

ダイエットや腸内環境を整えるために忘れてはいけないのが、食物繊維ですよね。

その食物繊維には

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

と2種類あります。

そして、これらを1:2の割合で食べることが菌活・腸活的には大切なのですがゴボウには両方の食物繊維がバランス良く入っているのです。

ポリフェノールやカリウムも豊富

さらに、ごぼうに含まれるポリフェノール還元成分は野菜のなかでもトップクラス。

体に不可欠な必須ミネラルの一つであるカリウムも豊富。

「ごぼう=食物繊維」としか思いつきませんでしたが、実はすごいパワーをもった野菜なんです。

あじかんの『焙煎ごぼう茶』の特徴

ごぼうのえぐみやアクの正体は皮の周りにあるポリフェノール

お料理に使うときは水にさらしたりして、栄養を逃してしまっていることも多いのですが、『焙煎ごぼう茶』は、ごぼうの本来の旨味や香りは残しつつ、皮ごとごぼうをつかっているので、ポリフェノールもしっかり摂れるのが特徴なんです。

さらに、「焙煎」というくらいですから、じっくり加熱されていて、ポリフェノールのパワーを最大限に引き出しているのです。

また、品質管理も徹底。

  • 品質管理体制がちゃんとしていることの認証である「GMP」を取得した工場で製造。
  • 放射能検査の実施(第三者分析機関の検査と自主検査)
  • 農薬の使用を最小限に抑え、原料の証明書や検査書などを入手して、確認した上で使用
  • 常に上質な美味しさを保つため、ブレンダーや評価員により年に一度味の評価を実施。

といったこだわりは、安心ですよね。

そして、保存料は一切使用していませんので、あらゆる年代の方におすすめできる安心のごぼう茶だと思います。

どんな人におすすめか?

  • スッキリしたい人
  • ダイエットのおともに
  • お茶のかわりに飲めるノンカフェインドリンクを探している人

にはとってもいい候補だと思います。

ハーブティーで根っこ系のお茶が好きな人なら抵抗飲める味だと思います。

「ごぼう茶が初めて」という人はお試しパック(7包)が600円(税込・送料無料)ですので、そちらからお試しされるのもいいかも。

 

ごぼう茶封筒の裏

↓くわしい情報はこちら↓

TV,雑誌で話題の南雲先生監修あじかん焙煎ごぼう茶

 

 

-飲みもの, お茶

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.