腸内美人になりたい菌活・腸活女子の口コミレビューブログ。

菌活・腸活ブログ(by わた子)

当サイト(chounai-beauty.com)の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

無断転載・まとめサイト引用禁止。

菌活・腸活トピック

【乳酸菌FAQ】生きたまま届く菌と死んだ菌、結局どっちがいいの?

更新日:

生きてる菌と死んだ菌

乳酸菌にまつわる疑問を少しずつ学んでいこうと思っているのですが、今日はよく言われている「生きたまま腸に届く菌」と「死んだ菌」について考えてみたいと思います。

生菌を摂るメリット

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌(やビフィズス菌)は「生きたまま届く」ということを売りにしているものがありますよね。

ヨーグルト

また、最近では胃酸に強いカプセルなどで生きた乳酸菌をそのまま腸に届けるという製品もあります。

サプリ

そういった製品の利用なども含めて、生きた乳酸菌をうまく取り込めた場合、腸の中で善玉菌として働いてくれるので、腸内環境には良い影響があると考えられています。

生菌のデメリット

酸や熱に弱い

多くの乳酸菌は胃酸や熱に弱いのです。

そのため、生きたままの乳酸菌(生菌)を取り入れても、腸に届くまでにその多くが死滅してしまうのだそうです。

 定着しにくい

また、生菌が運良く生きたまま腸に届いたとしても、体内に定着するのはかなり困難だそうです。

数日から長くて2週間くらい腸の中で生きたあと、これらの菌は体外に排出されてしまうのです。

だからこそ継続して摂取することが大事と言われているわけです。

死菌のメリット

乳酸菌が途中で死菌となってしまっても、腸内で善玉菌のエサになるので、無駄にはなりません。

また、腸内で効率的に働くために事前に加熱処理された死菌というのもあります。(例:久光製薬のEC-12の記事はこちら)。こういった菌は消化分解されることなく腸に届くようにあえて死菌にされているのです。

死菌のデメリット

死菌は、腸内の善玉菌をサポートする役割があります。

ということは、腸内に善玉菌がある程度いることが前提になります。

そのため、善玉菌の数がものすごく少ない場合などは、効果を実感するのに少し時間がかかるということもあるかもしれません。

結局どっちが効果あるの?

生菌と死菌、一体どちらがいいの?

その答えは、

どちらもそれなりに効果がある

ということのようです。

「生きて届く」ことがいいと思っている会社はその点をアピールするでしょう。「死んでる菌だからこそここがいい」とアピールする会社さんもあります。

それぞれが、自社の製品や技術に自信を持ってそこを主張されているので、どちらが正しいとか間違っているという問題ではないようです。

そもそも、乳酸菌の効果を実感するかしないかは、腸内細菌叢とその乳酸菌が合うか合わないかという「相性」もあるようですし。

「自分がとるべき乳酸菌はこれ1つ」と絞るのは難しいということなんじゃないかと思います。

逆に言えば、生菌とか死菌とか関係なく、「幅広くこまめに摂取する」のが理想的なのかなという気がします。

そんななかでも「あ、これなんとなく自分にはいい」と感じるものや、「これなら続けられるな」と思うものが出てくることもあります。

女性水のみ

もしそういう食べ物やサプリを見つけたら、しばらく継続して様子を見てみるといいんじゃないでしょうか。

当サイト(chounai-beauty.com)の内容の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

フリー素材写真に関しても、当サイトサーバの画像への直リンクはご遠慮ください。

-菌活・腸活トピック

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.