菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

菌活・腸活トピック

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて

更新日:

乳酸菌とビフィズス菌の違い、ご存知ですか?

乳酸菌 ビフィズス菌
性質 通性嫌気性(酸素があっても生育可能) 偏性嫌気性(酸素があると生育できない)
住んでいる場所 人間の腸内・自然界 主に大腸内(酸素がほとんどない)
働き 糖から乳酸を作る、ヨーグルトやチーズを作る 糖から乳酸、酢酸を作る
腸内での役割 主にビフィズス菌のサポート 酢酸が悪玉菌の繁殖をおさえ、腸内環境を整える
腸内に存在する数 1億〜1000億 1兆〜10兆

表にすると上のようになります。

まず、注目すべきはビフィズス菌の働きですよね。

悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整える。

そう。腸を整える働きをしてくれているのは、主にビフィズス菌なのです。

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を産生するので、腸が産生に働きます。

そのため、腸のなかの悪玉菌の繁殖が抑制され、結果として善玉菌優勢にする働きもあるのです。

また、酸性に傾くことで腸の蠕動運動が活発になり排便を促すという働きも。

腸内環境を整えるにはビフィズス菌を腸に届けることが大事ということです。

しかし、乳酸菌よりビフィズス菌が優れているというわけじゃありません。乳酸菌だって、ビフィズス菌の活躍をサポートするためには大切な存在。

また、菌によって様々な働きがあることも研究されています。

つまり、腸を整えるためには、乳酸菌もビフィズス菌も両方とも必要なんですね。

そしてこれらは継続摂取も大事です。

なぜなら、腸内にもともとある菌以外の菌は定着しないからです。

定着しない菌であっても、腸内環境を整えるために役に立っているのですが、どうしても、定期的に外に排出されてしまうのです。

とくに、中年期以降は腸内の善玉菌が減ってきていて、腸内環境が悪化しがちなので、毎日少しずつでも摂取したほうが良いそうです。

腸の健康のためには毎日ビフィズス菌を取り入れる必要があるようです

できれば毎日ビフィズス菌&乳酸菌を取り入れる生活を目指していきたいですね。

 

-菌活・腸活トピック
-,

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.