菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

食べもの サプリメント 菌活・腸活トピック

黒酢に興味はあるけど味が苦手。どうやって摂ればいい?

更新日:

さまざまな発酵食品がありますが、今日は「黒酢」の摂り入れ方について考えてみたいと思います。

黒酢とは?

黒酢の原料は米(玄米)に大麦または小麦のみを加えたもの(あるいは大麦のみが使われたもの)です。発酵・熟成が普通のお酢より長く1年〜3年くらいかかります。

黒酢製造

黒酢の栄養分

黒酢には必須アミノ酸*を含むアミノ酸、ビタミンB群、ミネラル、クエン酸を含む有機酸が含まれています。

  • 必須アミノ酸:人間が生きていく上で欠かせないが、体内で生成されないので食物から摂る必要がある栄養のこと
  • アミノ酸(非必須アミノ酸):タンパク質を作る
  • ビタミンB群:糖質や脂質を分解したりエネルギーに変える
  • 有機酸:体内の活性酵素を排出、疲労回復、カルシウムやミネラルの吸収を助ける働きがあり、腸内環境を整えるのにも役立つ
  • ミネラル:体の代謝を促したり、健康を維持する

黒酢の取り入れ方(料理として)

使い方は、基本的にお酢と一緒。レシピで「お酢」と指示されているところを「黒酢」に変えるだけで大丈夫。

お酢全般に言えるのは、使うと料理がさっぱりしたり、お肉がほろっと柔らかくなったりしますよね。そして食欲が増進したり。

黒酢の場合、普通のお酢を使うより味が複雑というか、深みが出るような気がします。

簡単な黒酢菌活レシピ

  • 酢ごぼうの黒酢バージョンで「黒酢ごぼう」
  • きのこたっぷりの「黒酢酸辣湯(サンラータン)」
  • 「ところてんの黒酢がけ」

といったものがあります。

黒酢の飲み方

黒酢ってなかなか料理に取り入れづらくないですか?

いえ、お料理上手ならいいのでしょうが、私は正直普通のお酢だけで調味料としては十分、黒酢まで揃えて使い分けるというのはなかなか難しいのです。

そんな場合「黒酢ドリンク」がおすすめ。

黒酢はそのまま飲むと胃への刺激が強いので、お水や果汁などで薄めて飲むようにと勧められることが多いのですが、最初から「黒酢ドリンク」として売っているものなら簡単。

私がよく飲むのは伊藤園の黒酢ドリンクです。

コンビニなどでもよく見かけるので買いやすいので、仕事に行ってコンビニランチをするときなどに飲んでます。

おすすめ黒酢サプリメント

「酢自体がすきじゃない! 苦手!」という人にはサプリメントという手もあります。

近頃はいろんなカプセル錠のサプリメントが出ていて、匂いが苦手でも取り入れられるようになっていますよね。

黒酢をこういったサプリメントで摂るメリットは

  1. カプセル錠の場合匂いなどが気にならない
  2. 持ち運びに便利なのでいつでも摂ることができる
  3. 黒酢プラスαの成分が入っているサプリが多い

といった点があげられます。

通販で買える黒酢サプリのなかで個人的に注目しているこだわりサプリをご紹介しますね。

国産すっぽん梅肉黒酢

すっぽん+梅肉エキス+玄米黒酢という組み合わせの黒酢サプリ。

  • 人間が食べられるスケソウダラを餌にした国産すっぽん
  • 和歌山の南高梅の梅肉エキス
  • 老舗のお酢蔵が作った玄米黒酢

と使っている原料もこだわりがかんじられます。

カプセル状なので匂いが苦手な方も平気。

「ぐったりしない!」「朝、スッキリ!」と評判の「国産すっぽん梅肉黒酢」

『マカ発酵黒にんにく黒酢』

『マカ発酵黒にんにく黒酢』は鹿児島産の黒酢もろみ末+青森産の発酵黒にんにく+ペルー産のマカで作られた黒酢サプリ。

  • ポリフェノールが豊富な発酵黒にんにく。
  • 南米の元気サプリとして有名なマカ。
  • 鹿児島の醸造メーカーの黒酢の、甕の底に残る数%の栄養の塊のような「もろみ末」のみ使用。

日本でマカが出始めた1990年代後半から発売している「マカ販売のパイオニア」のメーカーさんが作っているサプリです。

マカをはじめ各素材のこだわりはリンク先のページに載っています。

こちらもカプセルですね。

3種の元気素材をギュッと凝縮!【マカ発酵黒にんにく黒酢】

『白井田七。かめ』

『白井田七。かめ』は無農薬有機栽培で育てた貴重な漢方素材「田七人参」を黒酢の甕(かめ)に仕込んで熟成発酵させた黒酢サプリ。

慢性疲労やイライラなどを抱えた更年期世代の女性におすすめの黒酢サプリだそうです。

小さなパックに入った液状ですので、カプセルが苦手という方はこちらもいいですね。

お値段的には(私の感覚では)結構高価なものですが、「田七人参」自体がかなり高級な漢方素材なのです。

ただ、この手の漢方素材っていくら効能が良くても生育環境が不明な場合が多いのですが、その点こちらの「白井田七」は生育環境がはっきりしていて安心があります。

関連記事:「白井田七。かめ」のレビュー記事はこちら

白井田七。かめ

苦手な人が黒酢を取り入れるコツ

正直、どうしても取らないとダメ、というものでもないので、無理して飲む必要はないのですが、「ちょっと疲れたなー」とか「栄養が偏ってるな」と思った時にふと、「あー、黒酢飲むとなにかいいことあるかも?」というときに無理なく取り入れていける自分なりの方法があると心強いですよね。

黒酢をうまくとるには、

  • 食事
  • ドリンク
  • サプリメント

の中で、自分にあった方法を知ることが先決です。

嫌いなのに無理やり飲もうとしたりしても続きませんから、まずは気になる商品があればサンプルなどで試してみる。

そして、

  • 飲み心地
  • 実感のあるなし

を自分なりに体験して、お気に入りの商品を見つけていくしかないと思います。

その過程を楽しむのも菌活の醍醐味ということで。。

私も「これなら大丈夫!美味しい!」と思える黒酢を見つけた時はご報告しますね。

-食べもの, サプリメント, 菌活・腸活トピック
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.