菌活・腸活で腸内美人になる!

菌活・腸活ブログ(by わた子)

※文章・画像の無断掲載は固くお断りします。

酵素サプリ

高齢者の栄養不足・便秘対策に良さそうな生酵素サプリを見つけました!

更新日:

こんにちは、わた子です。

最近、ちょっとバタバタしていました。

というのも実家の父親が体調を崩していたからです。

インフルエンザからの肺炎でしたが、幸い体調はもどり今は退院しております。

父親の入院中、母親のヘルプに、しばらくぶりに実家に一人で戻っていました。

そこで気がついたのが、親たちの食生活の偏りです。

高齢者あるある

栄養不足

結婚後、私が夫を連れて帰るのは盆正月。

取り寄せたおせちや鍋や外食と・・普段とは違う食事になりますので、親たちの普段の食生活のことは全然チェックしていませんでした。

でも・・今回抜き打ちで帰ってみると、普段の食事の品数が少ないんですよね〜〜。。

まあ父親が入院していて、母親も一人だと食事作る気が出なかったせいもあるかもしれませんが・・にしてもひどい。

そして、ことあるごとに「うどん」とか「そうめん」とかを作って終わり・・。

きつねうどん

しかも、鍋焼きうどんとかけんちんうどんじゃないですよ。

関西地方なのでうどんといえばデフォルトはきつねうどん(けつねうどん)とかですから・・。

「昨日はご飯食べたわよ」とか言っても油断できません。

ご飯とたらこでお茶漬けみたいな、「青物全然なし」という時もあるようです。

茶漬け

これはいけません・・。

栄養不足の傾向が強まってきているようです。。

どんどん不活発に

食事が貧相だとすぐに疲れてエネルギー切れになるのかなと思います。

以前より明らかに活動量が減っています。

老後の動きは鈍くなる

そして、筋肉も衰えてきて、体重も減り、動きが鈍っています。

わたし自身、大して料理が好きでも得意でもないので、献立について偉そうなことは言えませんし、70代後半の母親が、食事の準備が栄養バランス考えて作るのが億劫になるのはわかります。

でもねえ・・。

これはまずいです。。

便秘

あと気になったのは、腸内環境が悪化しているのか、便秘に苦労している様子だったこと。

トイレの時間が長い・・。

心配になるほど長いんです。。

いや、本当に心配になります。

あまりいきんで倒れちゃったりしたらたまりません。

うつ気味

特に、今回はメンタル面も心配でした。

配偶者の体調不良を目の当たりにした不安なのか、老老介護のストレスなのか、若干鬱っぽくもなっている様子だったのです。

ときどきぼーっとしていますし、とっさの判断が(歳のせいかもしれませんが)なかなかしづらかったり、いままで元気に人の世話をしていた母親とはかなりちがってきました。

「栄養のバランスを考えて!」というのは酷なのかもしれない

母親に「栄養考えてよ! もっと! でないと二人とも病気になっちゃうよ!」とハッパをかけるのは簡単です。

でも、たべられるものが減ってきてる上、体力的にもきつい今、栄養バランスまで考えてとプレッシャーをあたえると、一層食事作りが億劫になったり、気が重くなったりするのではないかなという気がします。

私ならたぶんそうなるだろうなと思うと・・そこまできつく言い聞かせる気にはなりませんでした。

結果、「手軽に食べられるものを買っておいて、とにかくなんでもいいから食べてね」と、栄養は二の次で、食事を取ってくれるように頼む程度しか言えませんでした。

そして、実家から帰る直前に、野菜のおかずを作り置きしたりいろいろしておいたら、多少食べてくれたようですが・・この先どうするのかと思うと気になります。

でも、やっぱり、このままじゃ良くないなあという気はしています。

栄養不足による体力低下や免疫力低下も気になりますからね。。

健康寿命って本当に大事だなと考えさせられました。

いずれ人の手を借りる日が来るかと思いますが、できるだけ自分たちで日常生活を送りたいという気持ちもあるようですし、介助の手をいれるタイミングというのは難しいなと思っています。。

まずは酵素で腸内環境サポート

そこで、何か体にいいものないかなと、いろいろ探していたところ「これなら飲んでくれるかも」と思ったのが「酵素」です。

きっかけは、以前テレビで見た腸内細菌の番組の内容を思い出したのと・・

春のテレビは発酵・腸内細菌で花ざかり【テレビ感想】2016年3月〜4月

そして、amazonで見つけたこの本。

腸内環境を良くすることで高齢者はより健康に日々を過ごせるはず。。

自分の体験と照らし合わせても、きっとそうに違いないと信じられます。

また、親もテレビなどをみて「発酵食品」や「酵素が入ったもの」が体にいいんだというのは刷り込みがあるようなので、それも勧めやすい理由の一つです。

世界で認められる酵素OM-Xについて

上で紹介した書籍の著者の高畑氏は農学博士で、OM-Xというサプリを作っている会社の代表です。

この、OM-X(Ohira Mountain Fruits Extract)というのが世界で有名な酵素サプリです。

Ohira というのは開発者の大平猪一郎博士のこと。

「ウド博士のオイル」、とか、「バッチ博士のレメディ」みたいな名付け方が、いかにも海外っぽいですね。

この酵素、アメリカの健康雑誌で7度のベストサプリメント賞を取っているのです。

アメリカの健康食品業界では酵素っていう市場はないにもかかわらず、です。

そもそもその雑誌で7度賞を取るということ自体異例のことらしく、それ自体ですでにレジェンドらしいです。

サプリ大国・サプリ先進国での受賞ですからね。

ちなみに、取った部門はプロバイオティクス部門。

いわゆる腸まで届く乳酸菌部門での受賞です。

大平酵素の発酵には12種類の乳酸菌が使われているのです。

その中の一つはOM-X独自の特別な乳酸菌で、とても機能性が高い乳酸菌でいろいろと研究が進んでいます。

酵素のなかに乳酸菌が入っているOM-Xは生酵素サプリでもあり、乳酸菌サプリでもあるのです。

開発の経緯について

なぜ逆輸入的なことになっているのかというと、その開発の経緯が関わっています

開発者の大平氏はもともとは研究者ではなく庭園などの設計をやっていらした方。

あるとき、マレーシアのコタキナバルで仕事をしていて、地元の宴席に呼ばれたところ、地元の強いお酒を勧められて飲んで気分が悪くなってしまった大平氏に、地元青年が水あめ状のジュースを渡してくれて、それを飲んだら数時間で回復してしまったのです。

これにいたく感動した大平氏は、サンプルを持ち帰り、帰国後も茶色のペーストが発酵食品であることをつきとめ、50歳を前に岡山大学の大学院に入り直して研究の道に入られたそうです。

すごい人生ですよね・・。

その後、大平博士は様々な植物の組み合わせを100パターン以上も研究して、65種類の植物を合わせた植物発酵エキスを開発します。

これを、まずはマレーシアで発売を開始したそうです。

マレーシアではOM-Xはすぐに受け入れられ、人気の商品となりました。

やがて、マレーシアを訪問したアメリカの弁護士さんが、かつての大平博士のように体調を崩した時にOM-Xを飲み、回復。

そのかたがアメリカでの発売を開始・・といったかんじでどんどん世界に広まっていったのだそうです。

OM-Xは、アジアでは医薬品として認定されている国もあり、様々な実証結果が報告されています。

また、日本でも三浦りさ子さんや、ソフトバンクの工藤公康監督が長年愛用されていることで、有名なサプリです。

工藤監督は「サプリを飲むのはOM-Xだけ」とおっしゃっているそうです。

調べるほど、「親のために」といいつつ、自分も興味が湧いてきました。

書いているだけで菌活ブロガーの血が騒ぐサプリです!

というわけで・・早速、OM-Xを取り寄せ中です。

届くのが今から楽しみです。

追記:届きました!

オーエムエックス(OM-X)生酵素の口コミレビュー。世界が認める酵素サプリの実力・効果は?

手応えがあったらあらためて親にも勧めてみようかと思っています。

 

 

 

 

 

-酵素サプリ

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.