腸内美人になりたい菌活・腸活女子の口コミレビューブログ。

菌活・腸活ブログ(by わた子)

当サイト(chounai-beauty.com)の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

無断転載・まとめサイト引用禁止。

食べもの 飲みもの

気温が上がってきたこのシーズン。梅雨が訪れる前に殺菌効果のある梅や梅酢を食生活に取り入れたい

更新日:

気温が上がってくると心配なのが食中毒ですよね。

このシーズン台所にあると便利なのが殺菌力のあるすっぱいもの。

梅干しイメージ図

そう、梅干しや梅酢などです。

梅干しは説明するまでもないと思うのですが、「梅酢って何?」という方もいらっしゃるかもしれませんのでちょっと説明しますね。

梅酢とは?

梅酢とは、梅干しを作る時、梅を塩漬けにしていると上がってくる液体(果汁)のことです。

梅の成分が染み出しているのでクエン酸やリンゴ酸、ミネラルなどが豊富で、殺菌作用がとても強力で、食中毒などに有効といわれています。

梅酢の使い方

おにぎりを握る時、梅酢を少し手につけてから握るといいですよ。

ドレッシングや魚の煮物にも一滴。

殺菌作用にすぐれているので、梅酢を薄めてスプレーでまな板や弁当箱や食器に吹きかけると殺菌できます。

お弁当箱に梅干し

さらに、疲労回復などにもいいので、ドリンクなどとして飲むのもおすすめです。

でも、通常の梅酢は塩分が高いので、飲みすぎないよう気をつけてくださいね。

梅酢ドリンクだけど、塩分が抜かれていて飲みやすくておすすめなのは、梅翁園の『飲む梅干し』です。



『飲む梅干し』ってどんなドリンク?

『飲む梅干し』は梅干しを作る時の梅酢に、梅肉エキスや梅果汁、オリゴ糖を加えたものです。

1本で梅干し3個(3g)のクエン酸が取れるんだそうですよ!

普通3つも梅干しを食べたら塩分の取りすぎが気になりますが、独自技術で脱塩しているので、心配ありません。

原材料

南高梅酢、糖類(オリゴ糖、砂糖、黒糖)、梅果汁、梅肉エキス、
発酵調味液、甘味料(スクラロース)

『飲む梅干し』の特徴

紀州梅の種やビワなどの植物の種を発酵液化した新成分が配合

発酵好きかつ梅干し好きの私にはとても気になる情報です。

梅の種を発酵ということは、梅干しの種を割って中から出てくるあの白い部分も発酵して液体となって入っているってことですよね。珍しいなと思います。

成分的には、食生活で不足してしまいがちな各種ミネラルの補給にいいそうです。

ムメフラールでサラサラ

すりつぶした青梅を長時間かけて煮詰めて作る「梅肉エキス」が入っているので、「ムメフラール」という成分が入っています。

青梅イメージ

ムメフラールは血流改善にいいといわれる成分ですが、梅干しや青梅には含まれない成分なので、通常の梅ドリンクに入っていることはあまりないはずです。梅肉エキスが入っているからこその貴重成分です。

「梅肉エキス」ってそのまま舐めると、口の中が「キシキシ」するような不思議なすっぱさがあるのですが、『飲む梅干し』なら美味しく飲みやすそう。

梅翁園さんは、和歌山県のみなべ町にある梅干しの産直販売店さんで、『飲む梅干し』以外にも、贈答品の梅干しから普段使いの梅干しまでたくさんの種類の梅干しを発売しています。

梅雨時の贈り物や、父の日にもぴったりかなと思います。

梅の力でジメジメしたシーズンを健康に過ごしたいですね。

↓購入情報はこちら↓

びっくりされる!喜ばれる♪ 梅翁園のギフト



 

当サイト(chounai-beauty.com)の内容の無断転載・無断使用およびまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

フリー素材写真に関しても、当サイトサーバの画像への直リンクはご遠慮ください。

-食べもの, 飲みもの
-

Copyright© 菌活・腸活ブログ(by わた子) , 2017 AllRights Reserved.